閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!」(2008)

画像

【DVD発売中】

72点72
幅広い年齢層から支持を集めている『ケロロ軍曹』の劇場版第3弾。ケロン星から地球侵略にやってきたケロロ小隊の前に今回、立ちはだかるのは、ケロロと姿がソックリながら冷徹に任務を遂行する“ダークケロロ“の軍団。ケロロ軍曹と仲間たちは新たな敵を迎え討ち、地球侵略を果すことが出来るのか?同時上映される短編『武者ケロ』も楽しみだ。

あらすじ

宇宙の彼方ケロン星から地球(ペコポン)を侵略するための尖兵として、地球で隠密行動をとっていたケロロ軍曹(声:渡辺久美子)らケロロ小隊。ケロロが地球人の日向家に潜伏していたところ、冬樹(川上とも子)と夏美(齋藤千和)にケロボールを奪われ、本隊は一時撤退。地球に取り残されたケロロらは、日向家に居候していた。インカ帝国の遺跡マチュピチュを訪れた冬樹とケロロ小隊。オカルト好きの冬樹は大喜びだが、ケロロの頭の中は地球侵略のことで溢れていた。彼らはそこで迷路のような遺跡を発見するが、トラップに引っかかり脱出を余儀なくされる。そんななか、冬樹は一瞬、迷路の中にたたずむ一人の少女(福田沙紀)を見かける。少女の謎を抱えたまま東京に帰ってきた冬樹とケロロたちの前に、最強の敵が現れる。姿はケロロとそっくりだが、ケロロと違って迅速かつ冷徹に地球侵略を企てる“ダークケロロ”だ。彼はシヴァヴァ(高山みなみ)、ドルル(ルー大柴)、ミルル(堀江由衣)という優秀な部下たちを引き連れ、世界各地で侵略を開始する。ケロロ小隊はそれを迎え撃つことになる……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 角川映画
ヘッド館 池袋シネマサンシャイン他
上映時間 110
公開日 2008年3月1日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する