閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「《シネマ歌舞伎》野田版 研辰の討たれ」(2007)

画像

78点78
十八代目中村勘三郎襲名披露狂言として上演された舞台が、大スクリーンで楽しめる「シネマ歌舞伎」になって登場。日本の演劇界を代表する演出家、野田秀樹の脚本と演出によって、歌舞伎の奥深さはそのままに、多くの観客を魅了する間口の広さを獲得している。勘三郎はもちろん、中村扇雀、坂東三津五郎、市川染五郎ら演者の顔ぶれも豪華だ。

あらすじ

赤穂浪士が吉良上野介義央の屋敷へ討ち入り、仇討ちをした。元禄赤穂事件とも呼ばれるそのニュースは江戸から離れた近江の国、粟津藩にも伝わっていった。剣術道場は、江戸から伝わったそのニュースですっかり持ちきりとなった。しかし、そんな中でひとりだけ、赤穂浪士を馬鹿にする人物がいた。その名を守山辰次(中村勘三郎)といい、元町人で研屋あがりの男である。「仇討ちなんて馬鹿馬鹿しい。武士といえども潔い死を望まない武士もいるはずだ」と言い出す辰次だったが、それを家老の平井市郎右衛門(坂東三津五郎)は叱り付ける。すると、現実的で抜け目のない辰次はすぐに態度を一変させ、剣術に優れた市郎右衛門に付いて「剣術を学びたい」とお追従を言う始末。市郎右衛門はそれを受け入れ、辰次は市郎右衛門を師匠として、剣術に打ち込むことになる。主君の奥方、萩の江(中村福助)の前で、市郎右衛門に散々に打ち据えられる辰次。何とか仕返ししてやろう、辰次はそう思い、ある計画を案じるのだが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 東劇
上映時間 97
公開日 2008年1月12日(土)公開
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する