閉じるボタン

「多羅尾伴内」(1978)

【DVD発売中】

40点40
片岡千恵蔵の当たり役である多羅尾伴内を、マイトガイ・小林旭が、二代目として演じる。超満員の観客で湧き返る東京K球場で、ホームランを打った選手が殺される事件が発生する……。小林旭の久々のアクションが見もの。

あらすじ

超満員の観衆で湧き返る東京K球場で日本シリーズ第五戦が行なわれていた。得点は四対二。九回裏日報レッズ最後の攻撃で、バッター高塚は逆転満塁サヨナラホームランを打つ。ゆっくり一塁ベースへ走り出した高塚は、突然倒れ、死んでしまう。検死の結果、アイヌが熊狩りに用いる猛毒を使った針による他殺と判明する。翌朝、新聞社のカメラマン川瀬も同じ手口で殺された。川瀬の妹ゆう子は伴内に真相究明を依頼する。信愛医大理事長木俣あてに二度にわたり脅迫状が届く。これを知った伴内は白バイの警官に扮し、木俣の長男良教を捕え、誘拐に見せかけ、木俣から高塚、ルミ、良教の関係を聞き出し、三人が去年の夏、北海道へ行き、アイヌの若い男と幼児をひき殺した事を知る。北海道へ渡った伴内は、その若い男の妻であり幼児の母であったのが、木俣の秘書である真砂子であることをつきとめた。総ての事件を真砂子が仕組み、木俣を繰っている事を知った伴内は、真砂子にこれ以上罪を重ねる事を避けさせようとするが、真砂子は固く説得を拒んだ。ある日、真砂子は狐男に襲われ、瀕死の重傷をおう。良教と木田の娘、礼子の結婚式場で騒ぎが起こった。ウェディングケーキにナイフを入れた新郎新婦は驚ろきのあまり言葉を失なう。ケーキの切れ目から真赤な血がにじみ出て、ホールの照明が消え、どこからともなく女の呪うような声が聞こえてくる。天井に近い一角から、二つの灯りを持った男が現れた。男はおもむろに手を顔面にのばし、変装を解いていく。藤村大造と名のるその男は、今までの事件を全て解決し、闇の彼方へ消えていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 104
チケット 前売りチケットを購入する