閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「眠り姫」(2007)

画像

69点69
'05年に室内楽団の生伴奏付きで3回のみ上映された幻の作品が劇場用映画として復活。七里圭監督が山本直樹の同名漫画を基に誰もいない風景、淡い冬の光、人のいる気配だけがする不思議な空間を丁寧に写し取り、独自の映像世界を作り上げている。つぐみ、西島秀俊、山本浩司ら出演者たちが、幻想的な空間に息づく人々を見事に演じている。

あらすじ

パジャマ姿の青地(つぐみ)が眩しそうにカーテンをめくる。夜明け。中学校の非常勤教師をしている彼女は、このごろ学校に行くのがおっくうで、いくら寝ても寝不足の感じが抜けない。長くつきあい過ぎた彼氏(山本浩司)との会話は上滑りし、好きだという気持ちも、すでにおぼろになっている。繰り返し見続けるのは、記憶とも妄想ともつかぬ、奇妙な夢。職員室では、面長の同僚教師・野口(西島秀俊)が、自分の顔のことは棚に上げて、青地の顔をだんだん膨らんでいると笑う。帰宅すれば、トイレに貼った猫の写真が、何か言いたげにこちらを見ている。そこはかとない現実への違和感が、青地の心を占め始める……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 Charm Point
ヘッド館 ユーロスペースにてレイトショー公開
上映時間 80
公開日 2007年11月17日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する