閉じるボタン

「ザ・スパイダースの大進撃」(1968)

【DVD発売中】

50点50
ザ・スパイダースの7人組が帰国してからというもの、彼らの身辺では物騒な事件の連続。どうやら犯罪組織から狙われているらしい……。香港ショー・ブラザースに出向いてしばしばメガホンを執っていた時代の中平康が演出した、最後の日活作品。

あらすじ

スパイダースの七人組が帰国した。七人はそれぞれ模造宝石のついたタンバリンを得意気に手にかざしていたが、その様子を黒眼鏡の男と美代子が見つめていた。また、空港の混雑の中で、アタッシュケースが取違えられたのを、七人組もマネージャー緒方と妹のゆり子も気づかなかった。最初の事件は、楽屋で順のタンバリンが盗まれた時だが、誰も気にもとめなかった。だが、次々と事件が起った。昭知が暴漢に襲われ、仲間の部屋が荒された時、、七人組は始めて自分たちが何者かに狙われていることを知ったのだった。七人組はどの演奏会場でも美代子の姿を認めたが、ファンと思っただけだった。一方、連絡を受けて捜査に乗り出した警察も、全く手掛りを得ることが出来ず、途方に暮れる有様だった。七人は身の危険を感じてホテルに合宿、やがてこの騒動の中で鹿児島に発った。沈みがちな七人をゆり子が慰めたが、再度、鹿児島でも狙われた七人は、敵の狙いがタンバリンであることを知った。また、楽譜の入っているはずのケースから秘密書類が現われたことから、これも狙われる原因であることを知った。そして、ゆり子をピストルで脅してケースのありかを知ろうとした覆面の男が何者かに殺され、敵が二組であることが分ったのである。東京に戻ったスパイダースは緒方と相談の結果、刑事たちの助けを借りて二組の悪漢たちを誘い出す計画を立てた。誘いに乗った黒眼鏡の男と美代子、そして重要な秘密書類を取り返そうとする峰岸の一味は、パトカーで駆けつけた警官に囲まれた。美代子は車で逃げようとして、コンクリートの壁に衝突して果てた。七人組のタンバリンに本物のダイヤをまぎれ込ませて密輸入しようとしてのことだった。残りの悪漢は間もなく逮捕され、スパイダースの顔にはようやく明るさが戻ってきた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 82
チケット 前売りチケットを購入する