閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「セクシー地帯〈ライン〉」(1961)

【DVD発売中】

83点83
石井輝男監督による犯罪劇“地帯(ライン)“シリーズの一編。恋人を殺され、さらに犯人の濡れ衣を着せられた商事会社社員、吉岡。偶然出会った女スリ、真弓とともに真相究明に乗り出した彼は、亡き恋人が関わっていた秘密クラブの存在を知り、その実態を追及する。石井作品の常連である、当時の人気グラマー女優、三原葉子が女スリをお色気たっぷりに好演。

あらすじ

名目はタイピスト、接待用の特殊女性として東京貿易に雇われている滝川玲子は、社員・吉岡との結婚資金かせぎに森川部長とも密会を重ねていた。ところが吉岡は森川から預かった書類を盗まれたのが原因で大阪転勤を命じられる。が、玲子は森川に、自分との肉体関係を公表すると脅して吉岡の転勤命令を取消させ、手切金までせしめる。その足で彼女は自分が所属するクロッキー・クラブに行き、ボスの瀬川に脱会を迫るが逆に殺される。玲子殺害をラジオで知り、しかも自分が容疑者に仕立てられているのを知った吉岡は、呆然と街を歩くうち、先に書類をスった犯人・真弓と会い、それを取り返えした。が、バー・バッカスで二人が空けた書類の中味はなんとクロッキー・クラブの会員章一枚。吉岡はさっぱり解らなかったが、刑事泣かせの女スリ真弓にはこのカードの裏に玲子殺害事件のナゾがかくされていることを感じた。しかもカードを目にしたバッカスのバーテンが慌てて一人の女性を紹介した。吉岡と真弓はこの女をホテルに連れ込み彼女の仕事の内容を聞き出す。そして真弓は、この女の身代りとして男の待つ東京駅へ行くが男からは何も聞き出せなかった。期待を裏切られた真弓は馬券売場に姿を現わし、ポケットを札束でふくらませている男を見て、職業意識を働かせるが運悪く捕まる。男は瀬川だった。警察につき出される代りにクロッキー・クラブのモデルに仕立てられた真弓は救出を求めてSOSの紙片をビルの窓から飛ばした。一万、吉岡は再びバッカスに行き、クラブの女・秋子を誘い出し、玲子がクラブの一員だったことを知る。翌日はクロッキー・クラブに現われるが瀬川に見破られ、真弓と一緒に地下室へ監禁される。終電の時刻を合図に二人は抹殺される運命にあった。が、真弓が飛ばした紙片によってパトカーがビルに急行してきた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 82
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る