閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「お姐ちゃんお手やわらかに」(1975)

0点--

あらすじ

三角不動産入社式。希望に胸をふくらませた吹羽飛三は、三角社長の演説を聞いていたが、突如、倒産通知が届けられ入社式は退社式に切り替った。キャバレーでヤケ酒を飲んで大暴れした飛三は、ボーイの豚松のアパートにころがり込んだ。豚松は妹のマサコと二人暮し。飛三はそのまま居候を決めこんだ。暴力団・実録組々長の仁義は、マーフィアに麻薬の代金を一週間以内に支払わなければならない。そこで仁義親分はあくどく銭儲けをした三角大五郎の一人娘・アキコを誘拐する計画をたて、かねてから組員希望の豚松に命令した。さて、豚松と飛三は三角邸に忍び込んでアキコ誘拐に成功。ところが、世間知らずのアキコは、見る事やる事、何んでも面白く、実録組直系のバーや賭場を荒し回ったあげく地下牢に入れられてしまった。マサコは豚松と飛三に自首をすすめたが、組に知られて三人共、アキコと同じ牢に放り込まれてしまった。一方、中々身代金を払わない大五郎に業を煮やした親分は、直接大五郎を脅迫した。だが、大五郎は、手のつけられない娘だから焼くなり殺すなり勝手にしてくれ、と言い出す始末。地下牢から抜け出したアキコたちは、逆に親分を人質にして、実録組に三億円を要求する。子分たちは銀行強盗までやって、親分の身代金を嫁いだが、取り引きの場所に、どこから嗅ぎつけたのか警察が現われ、実録組は全員逮捕されてしまうのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1975年
製作国 日本
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト