閉じるボタン

「帝銀事件・死刑囚」(1964)

【DVD発売中】

81点81
熊井監督の処女作品。1948年に起こった銀行員12人毒殺の帝銀事件を、取材した新聞記者の目を通してドキュメンタリー・タッチで追っている。熊井監督の“真実とは何か“の訴えが、リアリズムの画面を通して観る者の心を揺さぶる。平沢死刑囚役の信の抑えた演技が印象深い。

あらすじ

昭和二十三年一月二十六日の午後三時すぎ、豊島区の帝国銀行椎名町支店に、中肉中背の中年の男が訪れた。男は東京都衛生課、厚生省医学博士の名刺を出し、赤痢の予防薬と称して、進駐軍の命により予防薬を行員、家族十六名に飲ませた。ピペットで白濁の液を茶碗に分ける手つきは、職業的な鮮かさであった。が、数分後、その液を飲んだ行員は、苦悶の絶叫とともに、血を吐いて倒れていった。犯人は、現金、証券十八万円を奪って逃走した。警察、新聞、国民の眼は一斉に活動を始めた。昭和新報の敏腕記者、大野木、笠原、武井らも動き始めた。被害者のうち十二名が死亡していた。毒物の捜査班は、犯人の使った青酸性化合物が、終戦直前、七三一部隊で極秘裡につくられた毒物と知った。武井は七三一の生き残り将校佐伯に会い、毒物について、追求したが、佐伯は語ろうとしなかった。デスクの大野木は、その直前GHQのバートン主席から、七三一部隊を追求するのをやめるよう注文された。一方国木田警部補ら名刺捜査班は、名刺の所有者である、モンタージュ写真に似た画家平沢貞通を逮捕した。事件直後、かなりな金を預金しているのだ。首実検の結果、大半は彼を否定し犯人と言いきる者は一人もいなかった。国木田と森田検事は、筆跡鑑定の結果クロをもって、執拗に食いさがった。九月、平沢はついに真犯人であることを自供した。しかし、彼はすぐそれをひるがえした。強圧的な肉体的、精神的尋問に耐えられず自白したというのだ。しかし、東京地方裁は、死刑を宣告し、東京高裁も死刑を確定した。だが、刑の執行は、いまだに行われない。彼は、仙台宮城刑務所に移送されているのだが……。娘の俊子は、国籍を捨てアメリカに渡っていった。そして、それからみつけられた数々の事実は、平沢のシロを証明するものばかりなのだが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
上映時間 109
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する