閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「ベティ・ペイジ」(2006)

画像

【DVD発売中】

【アクトビラ配信中】

53点53
50年代に“ボンテージ・クィーン“と呼ばれ、数え切れないほどのピンナップを飾った人気モデル、ベティ・ペイジの数奇な人生が映画化。衝撃的なデビューから、毀誉褒貶が渦巻いた絶頂期、そして突然の失踪。彼女の衝撃的な活動とその裏に隠された真実を『アメリカンサイコ』で80年代アメリカの闇を切り取ったメアリー・ハロン監督が描く。

あらすじ

1955年、テネシーの上院小委員会で、米国の若者に対する猥褻物の影響を調査する公聴会が開かれた。警官がニューヨーク市内のいかがわしい書店を強制捜査すると、『Escapade』や『Wink』といった男性向け雑誌が並んでいたが、『Bettie Page in bondage』のような特別な写真集や小冊子は隠されており、その商品を直接注文する客だけに売られていた。上院委員会では、それらの商品は共産主義思想より危険であると証言される。聴聞室の外では、控えめなスーツを着た美しい黒髪の女性(グレッチェン・モル)が自分の名前を呼ばれるのを待っていた。彼女こそベティ・ペイジ、『Bettie Page in bondage』のモデルだった──ベティは世界大恐慌の時代、ナッシュビルの貧しい家庭で育った。幼いベティは母親や姉妹と毎週日曜には教会へ通い、保守的な母親の元で厳しく、そして信仰心も厚く育っていった。しかし、大学進学の夢は叶わず、若くして地元の男性と結婚するもすぐに破局。ベティは自らを奮い立たせ、ニューヨーク行きのバスへ乗り込んだ。マンハッタンでなんとか新しい人生をスタートさせたベティは、ある日ビーチで散歩をしている時に声をかけられ写真のモデルとなる。ほどなくベティはカメラクラブに紹介される。際どい衣装でもカメラの前で物怖じせず、変幻自在にいくつもの表情を見せるベティは、アマチュア・カメラマンたちから絶大な人気を集めるようになる。モデルとしてのベティのキャリアは、アーヴィング・クロウ(クリス・バウアー)と彼の義理の妹ポーラ(リリ・テイラー)が経営する繁盛店、ムービー・スター・ニュースで転機を迎える。クロウは裏の仕事として、個人向けにボンテージやSMの写真を販売していた。ベティにはなじみのない領域だったが、スタジオは家庭的で居心地のいい場所であり、ごく自然な成り行きでベティもクロウ・ファミリーの一員となる。ますます高まるベティの人気と裏腹に、彼女の写真はセックスを語ることさえタブーであった50年代の道徳観念と対立することになる……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE NOTORIOUS BETTIE PAGE
製作年 2006年
製作国
配給 ファントム・フィルム
ヘッド館 シネマライズ
上映時間 91
公開日 2007年12月15日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する