閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「キングダム/見えざる敵」(2007)

画像

【DVD発売中】

71点71
ジェイミー・フォックス、ジェニファー・ガーナー出演の政治サスペンス。米系企業を狙った爆破テロ犯を追って中東に乗込んだFBI捜査官ロナルド。彼は現地捜査官との文化や慣習の壁を乗り越え、テロリストの正体を暴くことが出来るのか?俳優のピーター・バーグが監督を務めるほか、『コラテラル』のマイケル・マンがプロデュースを担当。

あらすじ

アメリカの中東問題はいまなお緊張状態が続く。そんな中、サウジアラビアの首都リヤドで自爆テロ事件が発生する。狙われたのは外国人居住区。現場にFBI捜査官や医療関係者が集結する中、今度は彼らを狙った二度目の爆弾テロが起きる。死者100人以上、負傷者も200人以上となった事件は、爆発者専門家のサイクス(クリス・クーパー)と情報分析官のレビット(ジェイソン・ベイトマン)らによって、首謀者にアルカイダのメンバーであるアブ・ハムザが関与している説が浮上。FBI捜査官ロナルド・フルーリー(ジェイミー・フォックス)は現地捜査の必要性を主張する。統治能力の弱さを認めたくないサウジアラビア政府とそれを容認するアメリカ政府の外交的な思惑があり、フルーリーの訴えは却下されてしまう。しかし同僚が巻き込まれたことから引き下がるわけにはいかないフルーリーは、ワシントンポスト紙の記者を通じ、駐米サウジアラビア大使と接触。サウジアラビアの大物によるテロ資金調達疑惑をカードに、現地調査に派遣できるように許可を取り付ける。フルーリー、サイクス、レビット、法医学調査官のメイズ(ジェニファー・ガーナー)による4人のFBIチームは、サウジアラビアに飛ぶ。空港で彼らを出迎えたサウジアラビア国家警察のアル・ガージー大佐(アシュラフ・バルフム)は、爆破現場に連れて行く。凄惨な現場に凍りつく一行。さらに、アル・ガージー大佐から「証拠に触らない」」「サウジ警察の立会いなしに聞き込みをしない」「イスラム教徒の遺体に触れない」「自分の目の届く場所にいる」などの厳しい制約条件を突きつけられる。滞在はわずか5日間。タイムリミットが刻一刻と迫る中、フルーリーたちは爆破テロ首謀者たちを追い詰めていくことができるのだろうか? 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE KINGDOM
製作年 2007年
製作国
配給 UIP
ヘッド館 有楽座他
上映時間 110
公開日 2007年10月13日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する