閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「江戸っ子祭」(1958)

100点100
“永遠の二枚目スター“長谷川一夫が一心太助を演じた痛快時代劇。徳川三代将軍の座をめぐって長男・竹千代派と次男・国松派が対立する江戸城内、退屈気味の竹千代は夜ごと辻斬りをし始め、大久保彦左衛門は激怒。太助に竹千代を小僧として預ける。太助は竹千代にスパルタ教育をほどこすのだが……。

あらすじ

二代将軍秀忠の頃、将軍世嗣の竹千代は、弟君国松をたてる一派につけねらわれようとしていた。竹千代は御殿生活の退屈をまぎらわすため、夜夜、辻斬りをし始める。彦左は但馬守と共にその現場を押え、訓戒する。下情に通じさせるのがよかろうと、彦左は竹千代を貧乏旗本の三男坊に仕たて、出入りの魚屋一心太助のもとへ小僧に住みこませた。太助は彼をスパルタ式に教育する。女房のお仲は何かと彼をかばう。するうち、竹千代のおっとりした様子に、太助は彦左を問いつめ、彼の素性を聞いた。三代将軍教育係という一世一代の大仕事が課せられたとは。彼は竹千代に気どられぬよう苦心した。竹千代は近所の八百屋の娘・お侠お豊と恋し合い始めた。町内の大家の倅庄吉は、恋仇が竹千代と知ると、不良仲間を連れて喧嘩を吹っかけてきた。むろん、竹千代は連中をたたき伏せる。お豊の父から彼を婿にと申し込んできて、一心太助は弱った。国松派のスパイが、竹千代を探り当てた。神田祭の当日、酔いどれを装って、刺客の一団が太助の家へ乱入してきた。それを“偽の太助”から知らされた太助は、彦左に報告していた。だから、ただ一人で敵に立向った竹千代が危くなった時、彦左と但馬守が部下をひきつれ駈けつけてきて、刺客たちを追い散らしたのだ。竹千代はその夜、江戸城へ去り、お仲やお豊は泣いて見送らねばならなかった。太助は一人さびしく酒を飲む。年が明けて六月、元服して家光となった竹千代は秀忠と共に上洛の途中、行列を見送る人々の中に、太助たちの姿を認めた。「日本橋から富士を見たい」。家光は駕篭を下り、太助たちとしばし瞳を交し合った後、西へ向かって去った。お豊も涙で見送っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 96
チケット 前売りチケットを購入する