閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「追悼のざわめき」(1988)

【DVD発売中】

64点64
マネキンに“菜穂子“と名付け、若い女性を惨殺してはその肉片をマネキンに埋め込み、自分と“菜穂子“との愛の結晶の誕生を夢想する青年の姿を描いた、インモラルなラブ・ストーリー。外国映画祭への出品は税関でストップ、国内公開にも3年かかった問題作。

あらすじ

誠は仕事もなくブラブラしていたが、ある日矮人の兄妹に雇われて下水道の清掃をすることになった。仕事ぶりは真面目だが、彼はマネキンを菜穂子と名づけ、若い女性を殺してはその肉を人形に埋め込んでいった。マネキンに導かれるように美しい兄妹やルンペンがやってくる。兄は妹を暴行し、その屍を食べた。矮人の妹・夏子も兄を殺して肉を食べた。それぞれの魂が彷徨を始めた。やがてマネキンは胎児を産むが、すべては夏子によって燃やされてしまう。誠は学生の投げた競技用の円盤が後頭部に当たって死んだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 欲望プロダクション
上映時間 150
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する