閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ウンタマギルー」(1989)

78点78
沖縄芝居の最もポピュラーな演目の一つ、沖縄版ねずみ小僧といえる義賊伝説をモチーフに、時代を沖縄の1969年“日本復帰“直前に移して描いた意欲作。豚の化身の妖艶美女と禁を破って関係を持った砂糖工場の労働者ギルーは、島民が恐れる森の中に追放され、そこで霊力を身につけて空飛ぶ義賊に。本土復帰派や米軍統治派の金持ち連中から金品を盗み出し、貧しい独立ゲリラにそれをばらまいていく……。妖精、動物占い、夢見の術など、生と死、夢と現実が未分化の沖繩の風土を伝える神話的イメージをふんだんに交えて、ゆったりとしたリズムで綴る聖俗混交ファンタジー。セリフが琉球語のため日本語字幕付き。

あらすじ

1969年、米軍統治下の沖縄。島民は多数の日本復帰派と少数の現状維持派、沖縄独立派に分かれていた。いずれにも属さないギルーは西原製糖所で働きながら、西原親方の養女で美人のマレーに思いを寄せていた。ある晩ギルーはマレーを毛遊びに誘い出し、運玉森で情交にふけるが、他人の夢を見破るウトゥーバーサンに知られてしまった。マレーが豚の化身であることを知ったギルーは親方の怒りを買い、槍で命を狙われることになった。製糖所の放火魔の濡れ衣を着たギルーは娼婦で動物占い師の妹・チルーの手引きで、豚の種付け屋のアンダクェーと運玉森へ逃げ込んだ。ギルーは妖精キジムナーの手で眉間に聖なる石を埋め込む心霊手術を受けて超能力をもらい、義賊となってウンタマギルーと名乗った。ウンタマギルーは金縛りの術や液体浮遊の術で米軍倉庫や悪徳日本動物商会を襲い、沖縄独立派の喝采を浴びた。散髪屋のテルリンはウンタマギルーの活躍を芝居にしようと考えた。ウンマタギルーは親方に度々槍を投げられたが、うまくかわしていた。ウンタマギルーは沖縄のヒーローとなり芝居にも出演するが、上演中客席にいた親方の槍が命中した。月日は流れ、安里製糖所ではギルーと瓜二つのサンラーが働いており、マレーの姿もあった。そんなある日、安里親方は作業員たちに沖縄の日本復帰を告げると、マレーを道連れにダイナマイトで無理心中したのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 パルコ
上映時間 120
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する