閉じるボタン

「未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜」(2007)

画像

【DVD発売中】

60点60
ラブソングの定番として今も愛され続けるドリームズ・カム・トゥルーの名曲『未来予想図』の世界が、普遍的な愛の物語となって登場。永遠に一緒にいると誓った恋人たちが描いたそれぞれの未来予想図の行方を、繊細なトーンで綴る意欲作だ。俳優だけでなく音楽家としても活躍する松下奈緒と、期待の若手、竹財輝之助の清涼感ある演技にも注目。

あらすじ

印刷会社に勤める普通のOL・宮本さやか(松下奈緒)。スペインの建築家・ガウディに憧れて建築事務所で働く福島慶太(竹財輝之助)。ふたりは大学時代からの恋人である。さやかには雑誌編集者になる夢があったが、一度は断念していた。口下手ながら自分の夢をひたむきに追い続ける慶太の言葉に後押しされ、さやかは再び夢をかなえるべく転職活動をはじめる。面接で不器用ながらも自分の思いを説明するさやかは、面接官・後藤(石黒賢)の目に留まり採用される。そんな矢先、慶太にスペイン赴任の話が持ち上がる。念願の話に慶太はスペイン行きを決意し、それぞれの夢を追う二人は別々の道を歩き始める。5年後、30歳を目前にしたさやかは“恋が叶う花火”とインターネットで評判を呼ぶ花火職人・井上拓巳(原田泰造)の取材を企画する。しかし、井上は仕事に熱中するあまり妻・苑(西田尚美)との関係がうまくいっておらず、噂にもうんざりとしていたこともあり、さやかの取材を拒否する。一方、離れて暮らすさやかを常に気にかけてくれている母・陽子(松坂慶子)が「倒れた」と連絡が入る。自分自身を見つめなおすため、さやかはスペイン・バルセロナ行きを決意。さやかは以前にも、大学の卒業旅行で慶太とこの地を訪れていた。思い出の場所で、しかしさやかが偶然目にした光景は……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 115
公開日 2007年10月6日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する