閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「マンハッタン」(1979)

【DVD発売中】

72点72
ニューヨークと、そこで暮らす都会人の悩みをほろ苦く描くW・アレンの傑作。アイザックは仕事、年齢、セックスその他もろもろに悩みを持つ中年のTVライター。仕事にうんざりし、小説家になろうと番組を降りてはみたものの、突然の収入減はやはり痛い。妻は女の愛人と暮らしていて別居中。友人の浮気相手である雑誌ジャーナリストに惹かれたりもするが、その軽薄なインテリぶりには我慢ならない。唯一の救いは何度かベッドをともにした生意気な女子高生だけ……。『ラプソディ・イン・ブルー』をバックに、白黒で捉えたマンハッタンの情景が秀逸。

あらすじ

ニューヨーク、マンハッタン、ここ“エレーンのレスドラン”では、いつものようにアイザック・デイビス(ウッディ・アレン)が、親友のエール(マイケル・マーフィ)と会話に花を咲かせていた。エールは妻のエミリー(アン・バーン)を、アイザックはトレーシー(マリエル・ヘミングウェイ)という17歳の女子学生を同伴していた。何とこのトレーシーこそ、42歳のアイザックの同棲中の恋人だ。どちらかというとトレイシーの方が積極的で、アイザックの方は父親のような気持ちで少女に接していた。彼には過去に2度の結婚の失敗があり、2度目の妻ジル(メリル・ストリープ)などとは、1児をもうけながら彼女のレスビアン癖で破局に陥ったのだった。そのジルが、アイザックとの夫婦生活を暴露した小説を書こうとしているのを知り、ヒマを見つけては彼女にその無意味さを訴えた。一方、妻エミリーと12年も暮してきたエールは、他に好きな女性ができたことをアイザックに打ち明けた。信じられないと受けつけないアイザックだったが、ある日、近代美術館を見物中のアイザックとトレーシーは、女性連れのエールと出会った。彼女の名はメリー・ウィルキー(ダイアン・キートン)、フィラデルフィアのラドクリフ大学出身の雑誌ジャーナリストだ。いかにも1人で都会を生きぬくキャリア・ウーマンの感じだが、会話の端々にうかがえる“えせインテリ”ぶりに、初対面のアイザックはウンザリし、買い物だといってトレーシーを連れてその場を去ってしまう。しかし、数日たったある日、偶然あるパーティでメリーと再会し、意気投合してしまったアイザックは、2人で夜のマンハッタンを長々と散歩することになる。そして彼女に愛を感じはじめた頃、メリーとエールの関係がうまくいっていないことを知る。雷雨の中をデートするアイザックとメリー。2人はプラネタリウム見物の後、ベッドイン。アイザックは、トレーシーに別れを告げ、彼女にロンドン留学の話を勧めた。しかし、メリーの彼への愛情は一時的なもので、やはり今もエールを愛しているという冷酷な言葉を聞いたアイザックは、あまりのショックでエールの勤め先である大学まで無我夢中で走った。1人残されウツロな時間を過ごしていたアイザックは、そこではじめて、一番愛していたのがトレーシーであることに気がついた。そして彼は再び夢中で走り、彼女の住むアパートまで辿りついた。そこには、ロンドンに出発しようと荷物をまとめたトレーシーの姿があった。愛を告白する彼に対し、彼女は、ロンドン行きの決意は変わらないが、愛は遠くにいっても変わることはないと告げ、旅立っていくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1979年
チケット 前売りチケットを購入する