閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「レッズ」(1981)

【DVD発売中】

70点70
ロシア革命の現場に立ち合い、歴史的なルポルタージュ『世界を震憾させた十日間』を書いたジャーナリスト、ジョン・リードの伝記映画。新聞記者だったリードは、労働運動の高まりの中で政治活動に目覚めていく。彼のパートナーは、夫を捨てて彼と自由な同棲関係を持つ、進歩派女性ルイーズ。友人は劇作家のユージン・オニールら、リベラル派の人々。第一時世界大戦からロシア革命へと、時代の変革を目の当たりにしたリードは、アメリカに戻り、共産主義運動を推し進めようとするのだが……。理想の実現をはかろうとして、現実の壁の前で苦悩する主人公を、製作・監督・脚本・主演の四役をこなしたベイティが熱演。現代史の中に生きた人間の一大ロマン大作。

あらすじ

名門ハーバード大学卒業後、ジャーナリストの道に入ったジョン・リード(ウォーレン・ベイティ)は、第1次世界大戦のさなかヨーロッパで火の手が上がった国際労働者同盟の闘争に接して、初めて政治運動に目覚めた。アメリカがこの戦いに参戦すべきかどうか、知識人に深刻な問題を投げかけていたが、リードは断固反対の態度をとり、雑誌『民衆』に寄稿を続けていた。ジョンが人妻のルイズ・ブライアント(ダイアン・キートン)と知り合ったのは1915年、彼女も女性解放問題を抱え、現実との板挟みに悩んでいた。2人はお互いの立場を尊重しあうという合意のもとで同棲生活に入った。2人の周囲には『民衆』編集長マックス(エドワード・ハーマン)、アナキストで女権主義者のエマ・ゴールドマン(モーリン・スティプルトン)、劇作家ユージン・オニール(ジャック・ニコルソン)らの友人がいて、ジョンは一層、反戦運動にのめり込み、とうとうルイズを伴って、革命勃発直後のロシアに渡ることになった。ロシア全土を揺り動かしている労働革命は、ジャーナリストとして社会主義運動家として自分自身の眼で見なければならなかったのだ。ペトログラードで見た革命の熱気と興奮は、ジョンを駆りたて、その体験記『世界をゆるがした十日間』はセンセーショナルな話題となった。ジョンはその勢いで社会党の革新化に着手するが、対立する右派の制裁に会い、除名、さらに彼が率いる左派も分派し、これを収拾するために、ルイズの反対を押し切って再び封鎖中のロシアに潜入した。ジョンが作ったアメリカ共産労働党を公認するお墨つきをもらうのがその目的だった。しかし、革命派の党主脳はこれを拒否、ボルシェビキの指導者ジノビエフ(イェジー・コジンスキー)のロシア滞在の勧めを拒んで密かに帰国する。その帰途、反共闘争をくりひろげるフインランド当局に捕えられ、投獄されてしまう。ジョン逮捕の知らせを受けたルイズは、オニールの助けで密航者としてフィンランドに旅立ったが、到着したとき既にジョンは釈放され、再びロシアに戻ったあとだった。ルイズと連絡がとれぬまま、ジョンはコミンテルン執行委員の地位を与えられバク地方に演説旅行に出かけた。その頃、ジョンを追ってロシアに入ったルイズは、エマと再会、旧交を温め合った。数週間後、銃弾のあとも生々しい列車がモスクワ駅に着いた。そこにはジョンを迎えるルイズの姿があった。だが、長い別離の末の再会も空しく、ジョンは病に倒れ、生まれ故郷のアメリカを見ることもなく世を去った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1981年
製作国
上映時間 195
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する