閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」(2018)

画像

60点60
カンヌ映画祭ある視点部門を皮切りに、世界の名だたる映画祭で上映され大反響を呼んだ中国映画。2015年に発表した長編デビュー作『凱里ブルース』が高い評価を得た中国の新鋭、ビー・ガン監督が、ある過去を抱えた男が現実と記憶の交差する世界へ迷い込む様を描く。後半に用意された60分にわたる3Dのワンシークエンスショットに注目。

あらすじ

父親の死去に伴い、久しく帰ることのなかった故郷の凱里へやってきたルオ・ホンウ。故郷と距離をとっていた彼は、そこで幼馴染みの死を思い起こすのと同時に、ある女性のイメージにとらわれてしまう。その不思議な女性の面影を追って、ホンウは旅に出ることに。
製作年 2018年
製作国 中国=仏
配給 リアリーライクフィルムズ=ドリームキッド
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開
上映時間 138
公開日 2020年2月28日(金)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する