閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「青春ロマンスシート 青草に坐す」(1954)

【DVD発売中】

0点--
美空ひばりが主演した家族愛と男女愛をミックスしたラブ・ストーリー。船乗りの新庄啓作と妻、文子には二人の子があった。娘、翠は快活な女学生。彼女には雄一というボーイフレンドがおり、いつしか清純な恋が芽ばえていた。ある日テニスの試合があり、翠と雄一は大阪に行く。そして翠は、父の啓作に小泉千代という愛人がいるのを知るのだった。

あらすじ

船乗りの新庄啓作と妻文子には二人の子供があった。快活な女学生翠とチャッカリ坊主の中学生誠である。啓作の妹節子も死んだ兄大造の友人土屋光雄との結婚に失敗し、新庄家の居候になっていた。大造や光雄の友人で翠の高校の英語の先生羽田信平はひそかに節子を永遠の女性と決め、節子の友人でコーヒー・ショップのマダム醍醐シズも二人を結ぼうと努力しているが、羽田には光雄への義理がある上に、弘子という許婚者も居た。翠には戸川雄一というボーイ・フレンドが居た。この二人は物わかりのいい小母さん節子に見守られながら、何時か清純な恋が芽生えていた。テニスの試合があって、翠と雄一とは羽田に附添われて大阪へ行く。そして神戸へ寄った翠は父啓作に小泉千代という女のあるのを知った。純真な乙女心を傷つけられた翠は、誤解されて雄一と共に神戸の警察に保護された。が、翠は父の秘密を誰にも話そうとしなかった。非をさとった啓作は女と別れて帰宅した。文子はその夫を優しく迎えた。弘子の力添えで節子と羽田もどうやら結ばれるらしい。そして翠と雄一のプラトニックな恋にも再び春が訪れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 102
チケット 前売りチケットを購入する