閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「saru phase three」(2006)

画像

【DVD発売中】

0点--
自ら体験した人体実験的な“治験“アルバイトを基に描いた『サル』で監督デビューを飾った葉山陽一郎の最新作。実際に起きた抗ガン剤事件をベースに、医療現場で今後身近に起こりうる新薬投与の恐怖を描く。自らの症状から“自分は人体実験されているのでは?“と疑心暗鬼になっていく主人公に、『仮面ライダー THE FIRST』の高野八誠。

あらすじ

バイクショップの整備士、福家稔(高野八誠)は、アメリカ横断ツーリングの夢をもつ25歳。同僚の仲村(弓削智久)と夢を語り合っていた。そんな彼を病魔が襲う。左肺に腺ガンという悪質腫瘍が発見された。手術は成功と思われたが、手術後の検査結果はリンパへの転移だった。医師から「抗がん剤投与で完治できるものだ」と聞かされるものの、気が弱くなり、面倒をみてくれる美しい看護婦・亜矢子(清水ゆみ)に惹かれていく福家。投与開始。抗がん剤の副作用で、嘔吐、皮疹、痒み、血尿、また皮疹からは膿のようなものが……。身体は日に日に弱り、一向に良くなる気配はない。副作用での苦しみから逃れることが出来るのは亜矢子と会っている時だけだった。見舞いに来た仲村は福家の変わり様に驚き、新聞で見つけたある薬品の記事を福家に見せる。「新薬“デレッサ”わずかの間に25人に副作用、うち9人が死亡。副作用は発疹、痒み、血尿、出血性膀胱炎…」“デレッサ”を投与されているのではないか? 福家は病院から抗がん剤副作用の説明を受けていないことを思い出し、病院に対し不信を抱き始める。担当医の尾谷のカルテを見させてもらうが、カルテには“デレッサ”とは違う投与薬の名前が…。しかし調べるとカルテにある投与薬では、自分に出ている副症状が出ることはありえない。副作用の症状からみて投与されていたのは“デレッサ”だ! 福家はほかの病院でも診察を受けるセカンドオピニオンをつけることと、抗がん剤投与の中止を申し出る……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 クリエイティブ ファッツ=楽映舎
ヘッド館 池袋シネマロサ他
上映時間 97
公開日 2007年2月17日(土)公開
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する