閉じるボタン

「君は恋人」(1967)

【DVD発売中】

0点--

あらすじ

浜田光夫は一年四ヵ月ぶりに、「君は恋人」の主役でカメラの前に立った。石崎監督や、スタッフの人たちは温かく彼を迎えてくれた。撮影も半ばを過ぎたある日、浜田は仲の良いスパイダースと会い、クライマックス・シーンの筋を話すと、スパイダースは話が暗い、と反対、みんなで脚本家の赤井の所に押しかけ、「なおせ、なおせ」と夜通しコーラス攻勢をかけ、とうとう台本を書直させてしまった。その物語とは……工員の光夫は貧乏暮しを嫌い、母のさちにも相談せず、やくざの仲間に入った。彼の夢は、宍戸組の幹部になり、どこにいるか分らない初恋の百合と一緒になることなのである。そんな光夫を、とんかつ屋の雅子が温かく見守っていた。ある日、宍戸組の仇敵の深江組親分が出所することになり、宍戸組の大幹部の大野は、光夫に深江暗殺を命じた。出世の機会と勇んだ光夫だったが、ドタン場で尻込み、大野が深江を殺した。ともかくも事を達成した光夫は組の中堅に出世したが、さちや雅子は心を痛めていた。折りも折り、宍戸組の暴力に抗し立ち上がった流しの仲間の指導者で七人組のひとり井上を、光夫は命令で刺した。だがそのため、光夫は用済みの存在となり、仲間に狙われ始めた。この時、初めて、光夫はやくざの卑劣さに気づき、目を覚ましたのだった。井上を見舞った光夫は彼が、快方に向っていると知って安心し、昔の工員仲間を連れ出して、宍戸組に殴り込みをかけ、大野たちに思うさま鉄拳制裁を加えたのだった。一方、光夫を不起訴にすると決めた井上は、彼の更生のためにレコード・ディレクターの須藤と葉川に頼み、歌手としてデビューさせることになった。間もなく、立ち直った光夫は、百合が結婚していると知ってがっかりしたが、雅子の愛に包まれて、新しい道を歩き出して行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
上映時間 93
チケット 前売りチケットを購入する