閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ドラゴン・スクワッド」(2005)

画像

【DVD発売中】

50点50
国際警察の若き刑事たちと、報復に燃える国際テロ集団の攻防を描いたアクション。F4のヴァネス・ウーやショーン・ユーなどアジアの若手スターが集結し、銃撃戦や肉弾戦の見せ場に体当たりで挑む。彼らの熱演に注目したい。

あらすじ

大事件の証人として証言台に立つ予定の、香港黒社会の首領タイガー・デュンの弟パンサーを護衛するため、アメリカから元SWATの一級射手ホー(ヴァネス・ウー)、地元香港からは最高のドライビング・テクニックをもつロク(ショーン・ユー)と潜入捜査のスペシャリストで紅一点のシュウ(ホァン・シェンイー)、中国からスナイパーのシャオジュン(シア・ユイ)、イギリスから元特殊部隊員のジェイ(ローレンス・チョウ)ら5名の若き精鋭たちが招聘される。しかし護送車は謎の武装集団による襲撃に遭い、パンサーは連れ去られてしまう。失態を演じた5人は、交通課のゴン・ロン(サモ・ハン)のところに預けられる。その頃パンサーは、元コロンビア軍大尉のペトロス(マイケル・ビーン)、元韓国軍特殊部隊大佐のコー(ホ・ジュノ)、元ベトナム軍のスナイパー・ユエ(マギー・Q)たち国際テロリスト集団の手により拷問を受けていた。デュン兄弟とかつては仲間だったが、銀行強盗で得た金を独占しようとした兄弟にペトロスの弟を殺害され、コーとペトロスは復讐を誓っていた。そして、その銀行強盗事件を捜査していたのが、当時の特別捜査班責任者であったゴン・ロンだった。ゴン・ロンはその事件で部下を6人殉職させ、一線を退いたのだ。そんな彼のもとにコーが再び宣戦布告しに現れる。タイガーの前に、ついにコーが姿を現す。ペトロスはタイガーにパンサーの生首を届けると、止めを刺さずに撤退。しかし、外にはホーたち5人が待ちかまえていた。壮絶なる銃撃戦の末、テロリスト1名を倒すが、引き替えにシュウも命を落とす。若手エリート国際警察V.S.国際テロリストの最後の闘いの火蓋が切って落とされた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 猛龍 DRAGON SQUAD
製作年 2005年
製作国 香港
配給 エスピーオー
ヘッド館 シネマート六本木ほか全国順次公開
上映時間 111
公開日 2006年10月14日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する