閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「主水之介三番勝負」(1965)

100点100
私怨の果たし合いを行ったことで片倉道場を破門された夢殿主水之介。三年ぶりに帰ってきた江戸では、将軍家指南役の仲介により、紀州家指南役を選定中であった。かつての師・片倉一閑斎と、大塚玄蕃の二人のうち、試合の勝者が指南役を得ることになった。ところが勝ち目のない大塚が手の者を使い、ある夜、一閑斎を斬ってしまう。天知茂、近衛十四郎と芸達者な敵役が魅力の痛快娯楽作。

あらすじ

私怨の果し合いで片倉道場を破門された夢殿主水之介は三年ぶりで江戸へ帰ってきた。そのころ江戸では、将軍家指南役柳生備前守が紀州家指南役選定の最中であった。当然、天地自念流片倉一閑斎と鏡心流大塚玄蕃が候補にあがり、二人の試合の結果で指南役が決定されることになった。ところがある夜、一閑斎は以前大塚道場を破門された、元師範代・木島弥十郎に斬られてしまった。勝目ないことを悟った玄蕃のさしがねだった。片倉道場は師範代・宮本左源太にうけつがれ、破門をとかれた主水之介は宮本に懇願され、指南役決定試合に出場することになった。一方腹のおさまらない宮本は、妹・綾乃に固く口止めすると単身弥十郎と対決した。が、結果は惨敗であった。この戦いで、一時は自暴自棄におちいった宮本だったが、恋仲・お千代や主水之介に励まされて気をとりなおした。いよいよ試合の日、柳生備前守立ち会いのうちに、主水之介と玄蕃は対決した。一瞬主水之介の太刀が速く、玄蕃を倒した。だが、主水之介には、まだ宿敵・弥十郎との戦いが残っていた。そんな主水之介を玄蕃の妻・美緒は必死に押しとどめた。美緒はかつて主水之介の愛人だったが、美緒に横恋慕する玄蕃の謀略で、主水之介は江戸を追放されていたのだった。しかし主水之介は、そんな美緒をふりきって、弥十郎と決闘場に向った。奇襲する弥十郎の剣をかいくぐった主水之介は、飛燕の早技で弥十郎を切りすてた。今は野望もなく、美緒とも別れた主水之介は、一人行方を決めぬ旅へ出て行くのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する