閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アリーテ姫」(2000)

【DVD発売中】

60点60
「魔女の宅急便」で演出補を務めた片渕須直の劇場用長編監督デビュー作。城に幽閉され“生の実感“に乏しい日々を送るお姫様が、魔法使いに連れ去られたことで己の存在意義を発見していく。

あらすじ

中世。花婿となる男性が現れる日まで、無垢な身で居続ける為に城の塔に封印されているアリーテ姫は、しかし秘密の抜け穴から度々城下に抜け出しては、そこに暮らす人々の生活を覗き見、何の取り柄のない自分にも人並みに生きる資格があるのではないかと考えるようになっていた。ある日、アリーテ姫の婿選びが行われている城内に、千年の昔に滅び去った魔法使いの生き残りであるボックスが現れ、言葉巧みに彼女との結婚を重臣たちに承諾させた。さて、ボックスの城に連れて行かれたアリーテ姫だが、ボックスに魔法をかけられた上、そこでもまた地下牢に幽閉されてしまう。実は、ボックスは水晶占いの予言により、いつか訪れるであろう同族を待ち続ける為、その邪魔となる彼女を始末しようと企んでいたのだ。そんな絶望の淵にあっても、アリーテ姫は心の奥底では希望を失わなかった。やがて、ボックスはアリーテ姫を自分の前から永遠に葬るべく、彼女に3つの難題を課し、外の世界へ送り出す。こうして、図らずも自由を得たアリーテ姫。しかし、彼女はボックスの城下に戻り、ボックスに支配されている村人たちを彼の魔力から助け、またボックス自身の閉ざされた心をも解放してやる。そしてその後、自分の人生の意味を追求する旅に出るのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
配給 オメガ・エンタテインメント=アリーテ製作委員会
上映時間 105
公開日 2001年7月21日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する