閉じるボタン

「愛の渇き」(1967)

【DVD発売中】

70点70
三島由紀夫の同名小説を蔵原惟繕監督、浅丘ルリ子主演で映画化した文芸メロドラマ。大阪の豊中付近の大邸宅。未亡人・杉本悦子は夫の死後も杉本家に住み続け、いつしか義父と深い関係に陥っていた。ある日悦子は下男・三郎の若く粗野な肉体のたくましさに心惹かれるが、三郎は女中に子を孕ませていた……。「執炎」と並ぶ蔵原惟繕監督の代表作で、果てることのない愛のさすらいが白黒画面の中に鮮烈に焼きつけられた。「執炎」で演技開眼したといわれる浅丘ルリ子が、ここでも期待に応えて難役を見事にこなし、日活唯一の演技派スターの地位を不動のものにした。特にルリ子扮する未亡人が、下男の三郎に自分の愛の渇きを訴えて三郎に抱かれるものの、彼の強い抱擁が単なる男の暴力にすぎないと訴え、三郎を突き放すシーンは圧巻。浅丘ルリ子の女心のもろさと毅然とした外面の二律背反ぶりが示す演技は、実に見事であった。なお、蔵原惟繕監督は、この作品を最後に日活を退社しフリーになった。

あらすじ

松本悦子は夫良輔の死後も杉本家に住み、いつか義父の弥吉とも関係をもっていた。杉本家は阪神間の大きな土地に農場をもち、広い邸宅の中には、元実業家の弥吉、長男で大学でギリシャ語を教える謙輔夫妻、園丁の三郎、女中の美代、そして悦子が、家庭のぬるま湯の中で、精神の飢えを内にひめながら暮していた。その中でも悦子は弥吉との関係を断ちがたく、その心は愛に渇ききってしまっていた、その悦子がある日ふと心を動かしたのは園丁の三郎であった。若くひきしまった身体粗野なたくましさは、悦子のいる世界とは異質であるが、何か彼女の渇いた心を満たす湧水のようであった。買物のついでに三郎に靴下を買いあたえた悦子は、三郎に深く魅かれていった。また三郎もそんな妖艶さをひめた悦子に心まどわされるのであった。だが悦子は女の直感で女中の美代が三郎と恋仲であることを見破った。美代は三郎の子供をみごもっていた。表面静かに見える杉本家にとってこれは重大事であった。とりわけ悦子には、美代が三郎の子供を妊ごもったことに、深い嫉妬を覚えていた。胎児を始末させた悦子を恨みながら美代は郷里へ帰った。美代から愛を奪った悦子。だが三郎も家族も何もなかったように働いている。その頃、弥吉は農園を売り悦子を東京に連れてゆく計画をたてていた。その東京行がせまった頃、悦子は三郎に会った。その頃邸では、財産とられた謙輔夫妻を中心に、人間の空虚なうめきが狂い泣いていた。三郎と会った悦子は自分の心の渇きを訴えたが三郎の強い抱擁がただ男の暴力だと知った悦子は、三郎をつき放した。弥吉が血相を変えてかけつけた。鍬をふりあげた弥吉の手をとった悦子は自から、三郎の肩に下した。絶命した三郎の始末を済ませた悦子は、弥吉に別れを告げると自分を始末するため去っていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 99
チケット 前売りチケットを購入する