閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「永遠の法/The Laws of Eternity」(2006)

画像

71点71
“幸福の科学“の総裁、大川隆法によるベストセラーを映画化。近未来の若者たちが、発明王エジソンの設計した“霊界通信機“を作ったことをきっかけに、異次元に旅立っていく様を、ハリウッドのVFX技術も導入した壮大な映像で描く。

あらすじ

近未来の世界。日本有数の進学校で最先端の科学技術を学んでいる高校2年生の隆太(声:田中大文)は、エジソンに憧れて自宅の離れに作った実験室で研究に打ち込んでいた。隆太と同じ科学技術研究部のメンバーで、イギリスからの留学生・パトリックとブラジルからの留学生・ロベルトと隆太の3人はニューヨークを訪れる。そこで隆太は、謎の老女から不思議なメッセージを受け取る。それは、かの有名な発明王・エジソンが生前に研究していたといわれる「霊界通信機」の設計法だった! 隆太の近所に住む幼なじみで、宗教系のエスカレーター校に通っている夕子も参加して、早速通信機の実験を進める。すると突然、エジソン本人からのSOSを受信する。さらに、ゴッド・イーグルと名のる古代インカのシャーマンから、隆太は霊界へ行く方法を告げられる。エジソンに会うために、隆太たちは次元を超えた大冒険へと旅立つのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 東映=幸福の科学出版
ヘッド館 全国東映系
上映時間 113
公開日 2006年9月30日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する