閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「阿修羅三剣士」(1956)

0点--

あらすじ

徳川三代将軍家光の治世朝廷内部に圧迫を加え、勢力拡大を計る幕府は、その計画を邪魔立てする強硬派の公卿を除かんとして策をめぐらしていた。そんなある日、松平伊豆守の許に、三条美広卿が所司代を非難する帝の御親筆を携え、御用商人大丸屋嘉平と京を発ったとの知らせが届いた。嘉平と娘雪乃の一行は途中幕府配下の蝙蝠組の武士達に襲われた。だが一行の中に実広の姿はない。そこに通り掛った新陰流の達人関口弥太郎は父娘の難を救うが、祖父からもらった紹介状を落し、伊豆守の諜者お甲に拾われた。嘉平親娘を守って江戸に着いた弥太郎は大久保彦左衛門の邸を訪れた折始めて手紙の紛失に気付く。加えて弥太郎は詰らぬ言い掛りから伊藤典膳、柳生又十郎の二人と決闘の約束をしてしまい、約束の妙願寺境内に赴く。処がそこに現われたお甲から落した手紙を渡され、蝙蝠組に加わるよう説かれたが拒絶して典膳、又十郎と共に蝙蝠組と一戦を交えた。二人と義兄弟の契を結んだ弥太郎は宿所大丸屋に戻った折、秘かに江戸に上った三条実広を狙う曲者に目をとめたが曲者の正体は意外にもお甲であった。女装した実広は大丸屋の商人に混って江戸城二の丸に入り、昔恋仲だった綾子の方に帝の親筆を手渡した。だが綾子の方が別れ際に、将軍賜下の観音像を贈ったと聞いた伊豆守は、御法要の当日には綾子の方が仏像持参で参詣するよう家光にすすめた。事の次第を知った雪乃は弥太郎に急を知らせた。彼は典膳と又十郎の助力を得て蝙蝠組の妨害を押し切って京の実広邸に急ぎ、首尾良く仏像を受け取って戻った。法要当日、時間一杯に危く帰参した弥太郎から像を受けた綾子の方は恙なく参詣に列席し、これを見た伊豆守は己れの非を悟った。数日後、弥太郎から以前約束した褒美をと望まれた雪乃は恥しげに面を伏せていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する