閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「関東やくざ嵐」(1966)

0点--

あらすじ

梵夫一家と瀬戸内一家は、川崎大師の賭場の縄張り争いの真ッ最中であった。梵天一家の小頭尾形菊治は、瀬戸内の娘お絹と相思相愛であったが、この仲を瀬戸内が許すはずがなく、瀬戸内は梵天一家の親分北浦亀吉を傷つけ同僚を殺した。この責任をとれと代貸柳五郎になじられ、菊治は瀬戸内一家に乗り込み、お絹と弟勇吉の目前で瀬戸内親分を刺殺した。網走で刑期を終えた菊治は、車屋「相模屋」に戻って来た。長い年月は、いろんなことを変えていた。特に菊治を驚かしたのは、瀬戸内一家の衰亡と、梵天一家を柳が継ぎ、派手に土木請負業を営んでいることであった。病床の亀吉親分の勧めで、やくざから足を洗った菊治は、藤野組の下請けである丸高組に入り、身を粉にして働いた。丸高組小頭となった菊治は、行方の知れぬお絹を気づかったが、ある日賭場で弟の男に再会した。勇は父を殺されて以来、菊治を仇と狙っていた。丸高組に鶴見楽天地設立の大仕事が依頼された。これを知った梵天組の柳は、県会議員に運動し、この工事の横取りを企らんだが、事は成就しなかった。暴力で丸高組の工事は妨害を受けた。そんな時菊治は料亭で働くお絹に会った。だがお絹は柳から前借を受ける身であり、お絹は訣別を決意した。一方丸高組と梵天組の乱闘は日増しに悪化していた。そんな中で柳は、逃げようとするお絹をかばった亀吉親分を殺し、男に参筋を渡し菊治を殺すよう命じた。男は、乱闘現場で菊治を狙った。意を決した菊治は、再びドスを握ると、柳に迫まった。だが一瞬早く柳の拳銃が菊治を射った。しかし必死に拳銃をかまえた菊治は、柳の胸を貫ぬいた。お絹にかかえられた菊治に、勇は初めて目覚めた。外には工事現場のかけ角が高らかに響いている。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 90
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する