閉じるボタン

「全身と小指」(2005)

画像

【DVD発売中】

24点24
意欲的に作品を発表し続ける堀江慶監督の最新作。近親相姦という衝撃的なテーマを題材に、男女の恋愛感のすれ違いや純愛を真摯に描く。海辺にある田舎町の瑞々しい夏の景色が狂おしいほどの愛を幻想的に見せ、不思議な余韻を残す。

あらすじ

デリヘルのオーナー・純(池内博之)は、無気力な生活を続けながら、心理カウンセラーの武田(恵俊彰)の元へ通い続けていた。純は武田の前で“記憶喪失障害”を装っていた。そんな純の不可解な行動に気づいていた武田は、純と共に、記憶を探るため妹の久美(福田明子)と二人で写っていた写真を頼りに富士の樹海へ向かう。どうして純は久美とそんな場所に来たのか? その謎は明かされぬまま、純は7年ぶりに実家に帰ることを決意する。7年ぶりの再会を果たした純と久美。二人の間に流れるぎこちない空気……。「オレ…妹とセックスしたことある」“カウンセリング”の時間に突如つぶやく純。純は記憶喪失を装って、7年前の過ちを封印しようとしていたのだ。姉・美由紀(片岡礼子)は、純と久美の関係を知っていた。「本気なら間違ってもいいんだよ」その言葉が、純の心の箍(たが)を外してくれた。再び久美と向き合う事を決意する純。しかし、過ちを繰り返さないと決めた久美は、幼馴染のリョウ(赤堀雅秋)と結婚することを告げる。泣きじゃくる久美の美しい身体をむさぼる純。激しく、再び愛し合う純と久美。しかし、兄妹に悲劇が待ち受けていた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ニュー・メディア・ジェネレーション
ヘッド館 渋谷シネ・アミューズ他、全国人事公開
上映時間 109
公開日 2006年7月15日(土)公開
映倫 R18+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する