閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「きっと ここが帰る場所」(2011)

画像

72点72
昨年のカンヌ映画祭でエキュメニカル審査員賞を受賞したが賛否両論を巻き起こした話題作。ショーン・ペン扮するゴシックファッションに身を包んだ、引きこもり気味の元ロックスターが父の死を機に、父の遺した謎の真相を追ってアメリカ横断の旅に出る姿を描く。ペンがカンヌ映画祭で審査員長を務めた際に惚れ込んだパオロ・ソレンティーノが監督を務める。

あらすじ

かつて人気ミュージシャンだったシャイアンは、今やその見る影もなく、妻とひっそりと暮らしていた。そんな彼の元に、ある日、30年も会ってない父から危篤の知らせが届く。彼はすぐに父の元を目指すが、時はすでに遅く、死に目に会うことは叶わず……。
原題 THIS MUST BE THE PLACE
製作年 2011年
製作国 伊=仏=アイルランド
配給 スターサンズ=セテラ・インターナショナル
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ有楽町
上映時間 119
公開日 2012年6月30日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する