閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「都会という港」(1958)

60点60

あらすじ

大阪船場の綿布問屋沢田安商店の娘・千佐登は商用で東京へ来た帰りの汽車で、岡崎証券の社長と同席し、話をしていると、その話に割りこんできた青年があった。その見ず知らずの男が忠告をしたのだ。あなたもヘマをすると高級パン助になりかねないとまで言った。彼女は営業不振の店のために、金策に廻っていたのだ。岡崎は名代の漁色家で、融資を条件に彼女をものにしたい下心だった。そのことを言ったのか。男は船場の家にも押しかけてきた。東京の興信所の調査部長・古橋修助という。強引に沢田安に泊りこんだ。千佐登は岡崎に白浜の宿へ連れて行かれた。五十万の金と交換条件に。白浜で千佐登は胃ケイレンの仮病をつかって、何事もなかった−−。千佐登には彼女とそっくりの妹・真佐枝がいたが、バーテンの内藤健との結婚に反対されて家出していた。千佐登が名古屋の芹沢商店へ金策に出かけたとき真佐枝が東京の銀座にいるらしいことが判った。芹沢の息子・画学生の一郎がいつかのクリスマスの晩に見かけたという。千佐登は修助に妹の調査を頼んだ。千佐登の内部で、この青年の図々しさが段段男らしさに置きかえられてきていた。修助はキャバレーで歌っていた真佐枝と話した。一度姉さんに逢わないか。彼女は健と暮して、あまり幸福ではなかった。彼は競馬で宮本という顔役の金をつかいこみ、その返済を迫られていた。−−千佐登は東京の一郎のアパートに、室を借りた。商用の連絡所として。修助が彼女を連れてキャバレーに現れたとき、すでに真佐枝はやめていた。修助は彼女の居所を突きとめ、彼女を説得し、健と手を切らせようとする。千佐登は大阪で債権者たちに攻めたてられた。彼女が岡崎のもとへ体と交換に融資を求めに行こうとしたとき、一郎が現れ、父が融資を承諾したといった。が、芹沢には息子と交際するなという条件があった。千佐登は金のことを断り、一郎にも別れを告げた。真佐枝は健から宮本の借金の代償に彼の女になれと言われ、こばんだ。争ううち、健のナイフが彼の脇腹に刺さった。真佐枝は自殺をはかるが、命は助かる。途中、宮本が千佐登を彼女と間違え、車で連れ去るが、修助の奮闘で助るという一幕もあった。姉妹は和解し、真佐枝は家へ帰ることになった。修助は沢田安への一千万円の融資を友人に承諾させることができた。沢田安も立直るだろう。千佐登には、修助が真佐枝に結婚を申し込んだことはショックだった。が、彼女も立直るだろう、−−店の仕事に打ちこむことで。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 100
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する