閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「夜の闘魚」(1959)

0点--

あらすじ

政子はナイト・クラブ“ゴールデンスラム”のマダムだ。クレー射撃場で秀夫と知り合う。彼は画学生で、射撃コーチのアルバイトをしていた。純情だった。帰りに早速、車に乗せてやり、接吻した。秀夫の姉はクラブのショーダンサーの良子だった。芸能倶楽部も主催し、秀夫が一人前の画家になる日を夢見ていた。画家の宮原と好き合っている。彼は妻と離婚し、良子を迎えようとしていた。−−政子には夜の生活がむなしかった。清算しようと思っていた。秀夫には姉から仕送りを受けることが苦痛だった。二人はこの恋を育て、それをそれぞれの転機にしようと思い始めた。−−クラブの持主牧村は政子をわがものにしたかった。孤児の彼女を今までに仕立てあげたのが彼だ。この日中ハーフはクラブをゆずることを政子にもちかけ、彼女の気をひいた。良子も政子の夜の生活を知るにつけても、この年上の女に弟を取られたくなかった。−−ソボ・キトク。信州から電報がきた。すぐ秀夫がかけつけた。祖母はピンピンしていた。孫たちの顔が見たかったのだ。政子が秀夫のあとを追ってきた。“言捨ての森”という森で、二人は互いの気持をうち明けた。彼らは帰京し、ひそかに郊外のアパートに住んだ。政子のいないクラブは、すっかり客足がおちた。牧村は良子を呼び、彼女に政子呼びもどしの使者を命じた。別れさせなければ、秀夫が片輪になるかも知れねえぜ。良子も弟を返してもらいたかった。私と秀ちゃんの道はひとつですと政子は言いきった。良子は政子の気持がわかった。あなたにあげるといった。でも、政子は秀夫にだまってクラブへ帰り咲いた。牧村から秀夫を護るためだ。秀夫が迎えにきた。彼が用心棒たちに取り囲まれた時良子が銃を持って現れ、二人を逃した。−−信州の祖母の家に良子が宮原を連れて帰ってきた。秀夫と政子の車もそちらへ向っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 92
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する