閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「人情馬鹿」(1956)

0点--

あらすじ

キャバレー・シルヴァースターの歌姫村田ユリの周りには彼女目あての男が何人か居たが、望みを遂げた者はなかった。建岡商会のセールスマンで、オートバイなどを売っている津川由男もその一人。母一人子一人の家庭に育った由男は、仲々の腕ききだが、許婚の芳枝をすておいてユリに夢中で、連日シルヴァースターに入り浸っては贈りものをしたりして、ユリと結婚する気でいた。その晩も、由男は無理して車を借りてユリをアバート迄送ったがユリはこうした男の心を問題にせず、鼻唄まじりに部屋へひきあげた。その頃、建岡商会では由男の使い込みがばれて、彼は警察に逮捕された。ユリも調べられて、彼など問題にしていないと言い放ったが、その言葉の裏には、由男のひたむきな求婚に対する彼女の心の動揺が潜んでいた。ユリは思い切って由男の母の許を訪れたが、母親の人情味あふれる言葉に、彼女の向っ気は完全に打ち破られた。ユリは検察庁にお百度をふみ、あらゆる手段をつくして、検事から事件解決の唯一の方策を聞くことに成功した。それは被害者から、由男の扱いになっている仮領収書を、借用証に書き換えてもらい、品物が届かなかったのを示談にしてもらうということだった。その日以来照っても降っても一軒一軒、被害者を廻って歩くユリの姿が見られた。根気と押しでユリは示談を成立させ、由男は釈放された。しかし、ユリの好意に感激して結婚しようとキャバレーに現われた由男を、ユリは素気なく追い帰した。思い切り悪く、まだアパート迄ついてきた由男をユリは閉め出し、扉の外からきこえる由男の声をよそに、鼻唄をうたいながら洋服を着換え始めた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 71
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する