閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ブルックリン橋をわたって」(2011)

画像

【DVD発売中】

10点10
『女帝』や『夜王』などで知られる漫画家・倉科遼原作の青春ドラマを映画化。父親の転勤によりNYで暮らすことになった少女が、音楽を通して知り合った人々との交流を通して成長していく姿を描く。『マイ・バック・ページ』の演技も記憶に新しい石橋杏奈が主人公・早紀を、芸能リポーターの阿部祐二が父親役をそれぞれ熱演している。

あらすじ

小野寺早紀(石橋杏奈)は、父(阿部祐二)の転勤のために行きたくもないニューヨークに住むことになった。しかしなかなか環境の変化に慣れることができず、学校でもクラスメイトに馴染むことなく、孤独な日々を過ごしていた。そんなある日、父から渡ることを禁じられていたブルックリン橋を渡ってしまう。そしてある出会いが、彼女の人生を大きく変えていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日=米
配給 テンダープロ
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ渋谷
上映時間 80
公開日 2011年12月17日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する