閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ザ・レッジ 12時の死刑台」(2011)

画像

58点58
『ニュー・オーリンズ・トライアル』の脚本を書き高い評価を受けたマシュー・チャップマン監督の最新作。高層ビルから身投げしようとする男と彼を説得しようとする刑事のやりとりを通して、驚きの真相が浮かび上がる様を描く緊迫のサスペンス。注目の若手チャーリー・ハナムの熱演やヌードを披露したリヴ・タイラーの体当たり演技が話題だ。

あらすじ

高層ビルから身を投げ出そうとしている一人の男がいた。彼の名はギャビン(チャーリー・ハナム)。通報で駆けつけた刑事のホリス(テレンス・ハワード)は、窓から身を乗り出しギャビンの説得にあたる。だがギャビンは「自分の意志ではないが、僕はここから飛び降りなければならない。自分がやらなければ、他の誰かが死んでしまう」と苦しげに告白する。ホリスは、説得をしながらその原因を探ろうとするが、ギャビンの口から語られ始めた真相は、衝撃的なものだった……。ホテルで働くギャビンは、自宅から仕事場に向かうバスの中で同じアパートに住むシェーナ(リヴ・タイラー)を見かける。改めて見る彼女の姿は着飾っていなくとも艶やかな美しさがあり、ギャビンはしばらくの間目を奪われてしまう。だが声は掛けられずそのまま仕事場へと赴くが、そこに新人としてシェーナがやって来る。それがきっかけでギャビンとシェーナは親しくなり、互いを意識するようになる。しかし、シェーナにはジョー(パトリック・ウィルソン)という夫がおり、ジョーは二人の間を疑っていた。そしてついに一線を越え、激しく愛し合うギャビンとシェーナ。その証拠を掴んだジョーは、愛する妻が乱れる姿を目の当たりにして冷静さを失い、驚くべき行動に出るのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE LEDGE
製作年 2011年
製作国
配給 アルバトロス・フィルム
ヘッド館 シアターN渋谷
上映時間 101
公開日 2012年2月18日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する