閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「すべての女に嘘がある」(2012)

画像

45点45
役者やアイドルからキャバ嬢、セクシー女優などで形成され、ハリウッド映画に出演することを目標として掲げる女優集団“KU.RO.FU.NE PROJECT“。その記念すべき第1作となる本作は、とある病院で起きた拉致監禁事件と殺人事件を描いたサスペンスドラマ。浅居円や範田紗々、琴乃、長谷川ミクなどの多様な経歴を持つ女優陣のセクシーな演技に注目だ。

あらすじ

精神科を専門とした桐山病院で3人の女性の拉致監禁事件と殺人事件が同時におこる。監禁された女性は、この病院に通院する主婦の森山真由美(長谷川ミク)、本院付きMRの相田優子(かすみりさ)、そして本院の院長の娘であり看護師の桐山はるか(浅居円)の3人。殺害された女性は、桐山院長の妻・桐山加奈子(範田紗々)で、胸を刃物で刺されての即死だった。更にその当日から院長の桐山亮三の行方が分からなくなっていた。本格的な事件として捜査に乗り出す老練な刑事の林田とその部下関川(めぐり)。林田はまず監禁された3人への事情聴取を行なうが、証言内容に食い違いがあり、林田はそれぞれが何かを隠していると感じ、桐山加奈子殺人事件への関与も疑うのだった。そんな中、桐山はるかの証言から新たにもう一人の行方不明の看護師の存在が発覚、更に重要参考人の桐山院長と3人の女性たちの会話を撮影したVTRが見つかる。事件の謎は、行方不明の桐山院長の捜索と、嘘ともとれる証言を繰り返す女たちの真実を突き詰めることが事件解決の糸口となることを確信する林田。しかし女たちの嘘が事件を更に難解にしていくのであった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2012年
製作国 日本
配給 日本出版販売
ヘッド館 池袋シネマ・ロサ
上映時間 70
公開日 2012年1月28日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する