閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「《シネマ歌舞伎》海神別荘」(2012)

画像

60点60
歌舞伎の舞台作品を高性能カメラで撮影し、デジタル上映する新しい歌舞伎観劇「シネマ歌舞伎」シリーズの一作。昭和30年に初演された『海神別荘』を、坂東玉三郎が演出。海底の宮殿に住む公子と、海に捧げられた人間界の美女との恋物語を、伴奏音楽のハープにのせて幻想的に描き出す。美しい公子を市川海老蔵、美女を坂東玉三郎が演じている。

あらすじ

1人の地上の美女(坂東玉三郎)が、海底の宮殿・琅[王干]殿(=ろうかんでん)の公子のもとへ輿入れするために、公子に仕える女房や黒潮の騎士たちに伴われ、宮殿へ向かっていた。公子(市川海老蔵)は博士(市川門之助)や沖の僧都(市川猿弥)と語り合いながらこの様子を眺め、その美しい姿に嘆息する。到着した美女に、優しい言葉をかけて美酒でもてなす公子。だが、美女がその幸福感を語りながらも地上への未練を訴え続けたため、機嫌を損ねた公子は、彼女がもはや人間ではなくなったことを告げる。深い悲しみにとらわれ、水底の世界を受け入れようとしない美女。次第に怒りにとらわれた公子は、彼女に剣を向けるが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2012年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 東劇
上映時間 103
公開日 2012年2月18日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する