閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ミツコ感覚」(2011)

画像

【DVD発売中】

73点73
『ノルウェイの森』の初音映莉子や『歓待』の古舘寛治ら、映画界のみならず演劇界でも活躍する実力派俳優が共演した異色ドラマ。複雑な家庭環境化におかれた姉妹の幸せ探しを描く。監督は“ソフトバンク/白戸家“シリーズなどを手がけCM界のトップクリエイターとして活躍する一方、演劇の作・演出家としても手腕を振るう山内ケンジが務めている。

あらすじ

ミツコ(初音映莉子)とエミ(石橋けい)は、東京郊外の街で暮らす姉妹。姉のエミはこの町の小さな会社のOL、妹のミツコは写真学校の学生だが就職の道もなく、街のスナックに勤め始める。二人が暮らすのは、標準的で庶民的な一軒家だが、家庭環境は少しいびつである。家主の父はおらず、更に二人はこの住み慣れた家を近々出て行かざるを得ない。父は、彼女らが幼い頃に家族を捨てて不倫に走り、別な女性と遠い街で暮らしている。母はこれを苦に自殺をしていた。ミツコにとってこの思い出は大きなトラウマとなって、今でも父を許すことができなかった。しかし、エミは会社の上司・松原(古舘寛治)と不倫関係に陥っている。松原を憎い父に、母の自殺の原因となった父の不倫相手をエミに、そして松原の娘を自分に、それぞれ重ね合わせ憤慨するミツコ。そんなある日、ミツコに一目惚れをしていた挙動不審の怪しい男・三浦(三浦俊輔)が現れ、口からでまかせのウソを次々並べた話し振りで、ミツコに異常な関心を寄せてくる。ところが、母親がわりのエミの方が三浦のウソを信じて受け入れてしまう。三浦の姉と名乗る女(山本裕子)が、三浦を連れて家にやってくる。謝罪と称してミツコの前で三浦を鞭で打つ女。その頃、ミツコの恋人でありカメラマンのソエジマが、取材先の外国で死ぬ。そのことをミツコはスナックの客から知らされ、ミツコはうちひしがれる。一方、外出しようとするエミの前に松原の妻シズエ(永井若葉)が現れる。一見、和やかに話し出す二人であったが、突然シズエは泣き出し、手首を切って倒れてしまう……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 ギークピクチュアズ
ヘッド館 テアトル新宿
上映時間 106
公開日 2011年12月17日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する