閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「蜘蛛の糸」(2011)

画像

0点--
文豪・芥川龍之介の名作『蜘蛛の糸』を、原作には書かれていない場面を独自の解釈で展開させた人間ドラマ。現世で悪事を働き地獄に落とされた主人公・カンダタが、生前にどんな悪事を働いたのか、なぜそのような道を辿ることになったのかが綴られる。主演は、紫綬褒章の授賞経験を持ち、最近は『忍たま乱太郎』での怪演も話題となった平幹二朗。

あらすじ

カンダタ(平幹二朗)は現世で悪事を働いたので、地獄=黄泉の国に落ちる。黄泉の国では、ラジオの波長が合うように様々な人物が現れ、カンダタを翻弄する。ここでは生前の行いにより、1人1つ、形態の様々な地獄を持つ。そのなかでも、特異な地獄であるカンダタの地獄。カンダタの地獄がなぜそうなったのか、生前悪事を働いた理由とは? すべてが明らかになったとき、カンダタがかつて助けた蜘蛛の糸が空から垂れてくる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 カエルカフェ
ヘッド館 シネマ・ジャック&ベティ
上映時間 71
公開日 2011年9月24日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する