閉じるボタン

「事件記者 真昼の恐怖」(1959)

0点--

あらすじ

東京の街は暑さが続いていた。警視庁内の桜田記者クラブでは、東日の相沢キャップが、新人の菅と連絡を取っていた。暇ダネの江の島の夜の生態を取材にやったのだ。菅は夕方、病気の娘を目にとめた。中日の多賀は日射病だろうといった。菅が去った後娘は死んだ。死因は貧血による心臓衰弱。遊ぶ金に困り、血液を売り過ぎたのだ。多賀はすぐキャップの浦瀬に報告した。“無軌道なハイティーン娘”翌朝の中日で、菅は多賀に抜かれたのを悟った。「抜かれたら抜け」相沢はさとした。−−江の島で、パン助上りの通称スイバレのお時が中年の大田と医学生くずれの情婦春子をおどしていた。大田はもぐりの採血業だが、昨日死んだ娘お澄を採血した後、人気のない松林に置きざりにしたのだ。お時がそれを見た。逆に大田は残忍な笑をもらし、注射器をかざして迫った。−−六郷の土手で若い女の死体が発見された。車から投げ捨てられるのをアベックが目撃した。記者クラブは色めきたった。検死の結果、お澄と同じく貧血による心臓衰弱と判った。身もとも割れた。どこかの病院にお時の血が持ちこまれたら、その中の無数の病菌が何も知らぬ人にうつされるのだ。警察は秘かに幹部会議を開き、闇血液業者に注意するよう指令が出された。記者クラブに配られたお時の顔写真から、記者たちは何かウラがあると感じた。不正業者の闇血液が流れているのか。相沢は伊那に聞込みに廻る村田部長刑事を追わせた。お時は江の島でのスナップ写真に出ていた。ドライブクラブの車のそばに立って−−。死体運搬にドライブクラブの車を使ったかも知れぬ。長谷部は都内のクラブを、菅は江の島のガソリンスタンドを、それぞれ洗いに飛びだした。相沢は他社の先手を打ち、本社へ連絡した。“東京にいる血液ギャング?お時殺し捜査進む”夕刊を見た大田は春子と高飛びを計った。菅はスタンドの聞込みで春子のアパートをつきとめた。が、大田にしぼられ、血を抜かれかける。その時、村田部長刑事らがふみこんできた。各社の記者もなだれこんできた。−−菅は相沢から怒鳴られた。記者は事件を追うものだ、作っちゃいかん。が、東日の朝刊は、他社は抜けなかったが一番迫力があった。相沢は八田とゴキゲンだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 52
チケット 前売りチケットを購入する