閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「斬り込み〈1970年〉」(1970)

0点--
長谷部安春、小沢啓一とともにニュー・アクションの一翼をになった澤田幸弘監督のデビュー作。大組織、関東連合会の傘下に入り、自分たちの組に裏切られたチンピラたちの、はけ口のない怒りをエネルギッシュに描く。チンピラに扮した藤竜也、岡崎二朗が熱演。

あらすじ

関東の一大勢力、関東連合会は郷田組によって平穏を保っている川崎に触手をのばした。関東連合会の露骨な挑戦行為によって郷田組の直人、雅美、次郎、猛らは連合会の若者を刺殺してしまい、そのことから連合会大幹部・椿は郷田組々長植松に対し、連合会翼下に入ることを強要してきた。苦悩する植松を見て、若者頭の花井は直人たちに斬り込みをけしかけた。その眼前に立ちふさがり、説得したのはかつて連合会々長松永によって組を潰滅され、今は郷田組に身をおき、松永への復讐に燃える庄司新であった。そのころ植松はこれ以上の犠牲を危惧し、連合会に無条件降伏。そして椿が郷田組に乗り込んできて、植松に郷田殺しを命じた。その役を命ぜられた直人は郷田を刺殺。それを知った庄司は直人を叩きのめすのだが。所詮彼等は手先にすぎず、むしろその立場に同情をおぼえるのだった。連合会は川崎でもう一つの勢力佐伯港運に目をつけ、椿は殺し屋白井に猛を殺させ、その罪を佐伯港運になすりつけるという手口でこれを潰滅させた。花井は庄司を通じて、椿の悪どさと、自分たちの悲惨な立場を知った。佐伯港運の葬儀会場へ椿と白井めがけて殴り込んだ庄司と花井は次々と血祭りに上げた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する