閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ネオンくらげ 新宿花電車」(1973)

0点--

あらすじ

故郷の東北を後にして華やかな都会にあこがれて上京したゆきは、チンピラ三人に強姦されてしまった。数ヵ月後、ゆきは新宿のバー“ドミンゴ”のキャッチ・ガールとなっていた。このバーは、ママの晴美とヒモの山下の経営である。ゆきと同僚の友子は、性に奔放なゆきとは対照的に貞操感の固い女で、恋人の大学生に金を貢いでいた。ある日、ゆきは山下と出かけた競輪場で、同じ故郷の邦夫と知り合った。ヤクザにそそのかされて八百長レースを走った邦夫は、レースを失敗して袋叩きにあっていたのだった。ゆきは負傷した邦夫を自分のアパートへ連れていき、やさしく介抱した。邦夫に熱中するゆきの姿に山下は怒るが、ゆきは山下と別れ邦夫を選んだ。二人は、シロクロショウを演じ、生活の糧にあてた。やがて、ゆきは妊娠した。とまどう邦夫に、一沫の不安を感じるゆき。心を決めかね、あてもなく街を歩く邦夫。チンピラ数人を雇い邦夫に傷を負わせた山下は、邦夫が故郷に帰ったとあざむき、手切れ金を叩きつけてやるからと、ゆきから預金通帳と印鑑を取り上げた。だが、翌日傷ついた邦夫が戻って来たことから、山下に欺かれたことを知った。邦夫は金を取り戻しに山下を尋ね、果物ナイフで山下を刺した。息を乱し、ゆきに金を押しつけた邦夫は、警官に追われ、走った。その瞬間急ブレーキ、タイヤのきしむ音とともに、邦夫の体は車のボンネットの上に大きくはねあがった。数ヵ月後、邦夫との子供を宿していたゆきは、大きくせり出したお腹をかかえ相変らずキャッチガールの仕事をつづけていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 72
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する