閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「ライオン・キング/ディズニー・デジタル3D」(1994)

画像

76点76
1994年に公開され、過去50作品のうちディズニー・アニメーション映画史上最大のヒット作となった人気アニメが3Dで再登場。サバンナの王子として生まれたライオン、シンバの成長と挫折、友情と冒険の物語を通して、命の尊さをうたいあげる名作だ。ミュージカルでもおなじみの名曲と共に、数々の名シーンが、臨場感たっぷりの3D映像で堪能できる。

あらすじ

アフリカのサバンナ。シンバ(声:ジョナサン・テイラー・トーマス)は、動物の王国プライドランドの王ムファサ(声:ジェームズ・アール・ジョーンズ)の息子として生まれる。教育係のザズー(声:ローワン・アトキンソン)の小言をよそに、幼なじみのナラ(声:ニケータ・カラム)と遊ぶ気ままな毎日。そんな息子に、ムファサは王座につく者の心構え“サークル・オブ・ライフ”を説く。自然界は永遠に誕生と死を繰り返し、魂は決して失われることなく受け継がれていくのだと。一方、王位を狙うムファサの弟スカー(声:ジェレミー・アイアンズ)は、ムファサとシンバを亡き者にしようと企み、ハイエナのシェンジ(声:ウーピー・ゴールドバーグ)、バンザイ(声:チーチ・マリン)、エド(声:ジム・カミングス)と共謀してシンバを罠にはめる。間一髪、息子を救出したムファサだったが、力尽きて命を落とす。父の死が自分のせいだとスカーに思い込まされたシンバは、プライドランドを追放されてしまう。絶望の中、砂漠に倒れたシンバを見つけたのは、ミーアキャットのティモン(声:ネイサン・レイン)とイボイノシシのプンバァ(声:アーニー・サベラ)。2匹に“ハクナ・マタタ(くよくよするな)”という人生哲学を教えられたシンバは立ち直り、新しい仲間と過ごしながら少しずつ自己に目覚めていく。やがて、逞しく成長したシンバ(声:マシュー・ブロデリック)の前に現れる幼なじみのナラ(声:モイラ・ケリー)。暴君スカーによって変わり果てた王国の惨状を伝え、シンバに助けを求める。しかし、父の死に責任を感じているシンバには勇気がなかった。過去から立ち直れず、愛するナラも失望させ、ひとり草原にたたずむたシンバは、夜空の星になった父の声を聞く。“歴代の王たちとともに、お前を見守っているぞ”。自分の中に生きる父の魂に気付いたシンバは立ち上がる。スカーと対決するために……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 LION KING
製作年 1994年
製作国
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
ヘッド館 新宿バルト9
上映時間 89
公開日 2011年10月8日(土)公開
カテゴリ ファミリー
チケット 前売りチケットを購入する