閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「龍虎伝」(1947)

0点--

あらすじ

明治二十年の頃。新興の石炭町直方の祭の夜に突然現われた風来坊筧富三は、勝気と男嫌いで通る居酒屋の娘お勝を松井組の暴行から救った。卑劣な松井組は祭りの奉納角力に玄人力士を招いて石塚方を惨敗させた。激怒した永沼が自ら土俵に立とうとしたとき飛入した富三は相手を打ち負かしたが、松井組の暗討に遭い永沼に救われ、自分を慕うお勝の看護を受ける身となった。富三は昔仲間の嘉助から親分のあだ大戸の彌太郎が実は恩人永沼であることを聞き内心秘かに動揺した。永沼を襲った富三は「やくざは相手にせしない」と言われ改めて鉄道完成後の決闘を約束し、意地から工事作業員となった。松井組はついに遠賀川の鉄橋を爆破した。単身、松井組に殴り込みをかけた富三は再び永沼に危機を救われた。土地の名物山笠祭の当日いよいよ鉄道の開通式が挙行される。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1947年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 74
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト