閉じるボタン

「しあわせはどこに」(1956)

0点--

あらすじ

孤児の橋爪淳子は伯父省吉の家で世話を受けている身の上だが、省吉はのんだくれで、執拗に彼女につきまとい、淳子は危く彼の毒牙を逃れることもしばしばだった。淳子は芝田建設の入社試験を受けた折、両親のないため入社できぬ処を業界の大立物矢沢慎太郎の目にとまったことが機縁で、彼の計いにより入社し、芝田専務の秘書見習となるが、秘書亀田紀代子の羨望をかった。淳子は、やがて青年社員の松尾吾郎、同僚志村らと知り合い、一日、相模湖へドライヴに出かける。明朗な松尾との交際は彼女の暗い気持を明るくしたが、色魔の志村に彼のアパートで襲われかけた処を、駈けつけた松尾に救われた。アパートを飛び出した淳子は親切な矢沢の慰めに心も柔いだ。こうした折、立退料を一人占めして引越する省吉の後を追った伯母かねは自動車事故で死ぬ。だが死際のかねから、死んだと信じた母親ふみ代は、戦時中殺人を犯した過去を恥じて身を隠しているのだと聞いた淳子は、母を探して大磯の療養所を訪れた。母は姿を消していたが増築工事に来た松尾に会い、その激励を受ける。しかし省吉の許に淳子の荷物を取りに行った松尾は彼女の母の前科を聞かされ暗い気持になるのだった。だが勇を鼓した松尾は淳子に結婚を申し込み、承諾を得るとその足で鳥取に出張したが、向いの席に腰掛けた女が淳子の母ふみ代とは知る由もなかった。矢沢が彼女の身体を求めていることを当の淳子は露知らず、その夜も、矢沢の家に泊ったが、女中キクの計いで事なく済む。数日後、松尾から母親が鳥取にいると電報を受けた淳子は急行し、料亭“かもめ”で働く母に会った。お互に母娘と名乗れぬまま矢沢の家に戻った淳子は密室で彼に襲われる。だが矢沢はキクの手で階段から突き落されて死んだ。以前、矢沢と誤ちを犯した過去を持つふみ代も今は晴れて上京し、松尾の下宿には明るく笑い合う三人の姿が見られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
チケット 前売りチケットを購入する