閉じるボタン

「インプリント/ぼっけえ、きょうてえ」(2005)

画像

【DVD発売中】

67点67
TVシリーズ「マスターズ・オブ・ホラー…」の1編として制作されながら、アメリカでは放映が見送られたいわくつきの1編。忌まわしい過去を持つ女郎が流浪の外国人に“とり憑く“様を、三池崇史監督が派手な見世物感覚で大胆に描く。

あらすじ

おそらく、日本の明治時代のある地方。アメリカ人文筆家のクリス(ビリー・ドラゴ)は、愛する優しい日本人女性・小桃(美知枝)の行方を求め、日本各地を放浪していた。彼が川の中にある浮島の遊郭を訪れると、小桃の姿を発見することはできなかったが、客引きを全くせず薄暗い部屋の奥で座っている、妖しい雰囲気の女郎(工藤夕貴)を指名した。クリスは一夜を過ごすことになったその女と話すうち、彼女の醜い素顔を初めて知って驚く。顔面の右側が上部に引っぱられるように歪んでいて、これでは男の情欲を萎えさせてしまうに違いないと考える。彼女は哀しい眼をしながら、「ウチの顔、ぼっけえ、きょうてえ(岡山地方の方言で、とても怖いという意味)じゃろ……でも、ウチのアソコはしまりがいいと評判なんじゃ」と優しく話しかけてくる。やがて女は自らの悲惨な身の上を語りつつ、クリスが探す小桃のことを話し始めた。女郎として売られこの遊郭にやってきた小桃は、愛する男のきっと迎えにくるとの約束を信じていたが、ある日、自殺してしまった。それを聞かされたクリスは、激しく落ち込むが、その話は真実なのかと疑問に思う。まだ怖ろしい夜は、始まったばかりであった……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 IMPRINT
製作年 2005年
製作国
配給 角川ヘラルド映画
上映時間 63
公開日 2006年5月27日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する