閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「青い果実」(1955)

【DVD発売中】

0点--

あらすじ

ここは海岸の一都市。早川と海田がリーダーになっている「朝がゆ会」が、毎朝欠かさず町はずれの温泉旅館まで駈足をするのは、菊水荘の女中頭お菊さんから温泉とおかゆのサービスを受けることと、もう一つ、金満家の娘美也子の窓の下を通るのが楽しみだったからである。はじめ「朝がゆ会」に声援をおくっていた越後屋呉服店の娘初恵や泉屋雑貨店の娘千枝子たちも、「朝がゆ会」の目的がどうやら美也子にあるらしいと判って絶交を宣言した。美也子には東京の大学にいたころからの知合いで、今は市の病院にインターンで来ている田村次郎という意中の人があるが、田村は働かざる者は食うべからずという主義で、富豪令嬢など見向きもしない。そこで発憤した美也子は、市の保育園に保姆として働くことになった。そのころ、偶然千枝子と美也子が逢い、「朝がゆ会」の話が出たのがキッカケで、一つの計画が若い女たちの間で進められた。美也子の誕生日当日「朝がゆ会」の青年たちは、パーティに招待されて夢かと喜んだ。が、現われたのは十数人の仮面をつけた美也子−−初恵や千枝子たちだった。早川は初恵を、海田は千枝子を抱いて踊りながら、彼女らに愛の言葉を囁くのだった。一方、美也子の保育園づとめなど長続きしないと多寡をくくっていた田村も、彼女の情熱に次第にうたれ、その気持はやがて愛に変っていった。つぶれかかっていた保育園も、美也子の情熱に負けた父運平氏や越後屋、泉屋の頑固親父連の援助と、青年男女の協力で見ちがえるように立派になった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る