閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」(2011)

画像

77点77
全国のチビッ子に大人気の平成仮面ライダー第12弾『仮面ライダーオーズ』の劇場版。今回は、徳川吉宗役で松平健がゲスト出演。江戸を舞台にオーズと吉宗が手を組み、時空を超えて、世界にはびこる悪に立ち向かう。バイクのオーズと白馬の吉宗が並走するシーンは必見。同時上映の『劇場版 海賊戦隊ゴーカイジャー』と共に3Dで上映される。

あらすじ

ヨーロッパの森の奥深くで調査団を指揮する鴻上ファウンデーションの鴻上会長(宇梶剛士)。彼らが探しているのは、800年前に様々な生物のパワーを秘めたオーメダルを作り出した科学者と、その人物が持つ“失われたメダル”だった。だが封印を解くことに成功した途端、そのヨーロッパの森林と新宿一帯が、まるでメダルを裏返すかのように入れ替わってしまう。蘇ったのは、特に強力なメダルを作る能力を持ち、時の王に疎まれて封印された錬金術師ガラ(酒井美紀)。蘇ったガラはこの世界を終わらせ、新しい世界の王=オーズになると宣言し、使い魔たちを使って人間の欲望を集め始める。その影響を受けて、映司(渡部秀)=仮面ライダーオーズと、映司とコンビを組んでメダルを集めるアンク(三浦涼介)たちの周辺地域が江戸時代の世界と入れ替わってしまう。さらに、2人はコアメダルを狙うガラが生み出した怪物ヤミーたちと戦う羽目に。オーズに変身するために必要なメダルを次々に奪われ、大ピンチに陥る映司たち。出会った町人や八代将軍・吉宗(松平健)に窮地を救われるものの、人々の欲望によって世界の終焉は刻一刻と進んでゆく。起死回生の鍵を握るのは誰か。映司やアンクたちは世界の終焉を防ぐことができるのか……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 東映
ヘッド館 丸の内TOEIにて公開
上映時間 65
公開日 2011年8月6日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する