閉じるボタン

「転生」(2006)

画像

0点0
「生まれ変わり」をモチーフに、60年代、80年代、そして現代と3世代に渡って展開するホラー・ファンタジー。前田綾花らフレッシュな女優陣が“死“の運命とその記憶に捕らわれる女性をそれぞれ個性的に演じ、不思議な余韻をもたらす。

あらすじ

第一部『64』 1964年、東京オリンピックの喧噪が冷めぬ東京下町。製粉工場の事務をする町田小梅は、工場と下宿を往復するだけの日々を送っていた。小梅はいつも、自分を見張っている「何か」に怯えていた。その「気配」から逃れようと単身上京したが、むしろそれは、より濃く感じられるようになっていた。そんな折、小梅はルリ子という女と出会う……。第二部『86』 1986年、経済と文化がピークに達した街。売れっ子漫画家・前園俊子は、仕事場の隅にいつも立っている自分そっくりの幻影に悩まされていた。俊子は、生まれてから幾度と見た「奇妙な女の夢」を題材に、夢を盗作しては連載を描き続けていた。ある日、俊子の前に初老の男・町田源三が現れる。源三は俊子の漫画が、22歳で死んだ娘の小梅の話だと主張する……。第三部『08』 三上春香は頻繁に見る夢の中で、「小梅」「俊子」と呼ばれることに悩まされていた。春香は、彼女たちはかつて"自分自身"であったことを理解していた。間もなく22歳の誕生日を迎えるが、その時に自分が死ぬだろうということも、うすうす予感している。何も起こらない日常を過ごす春香だが、ある日、バイト中の春香の前にコンビニ強盗が刃物を持って現れる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 バイオタイド=フルメディア=スタジオビコロール
上映時間 99
公開日 2006年6月3日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する