閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「369のメトシエラ〜奇跡の扉〜」(2009)

画像

79点79
TVディレクターと劇団俳優座出身の小林克人、小林健二の兄弟が、独立映画会社を作り、一から作り上げた渾身の1作がついに公開。監督によるオリジナルのシナリオ脚本執筆から興行まで、映像作家の意思を尊重した映画作品の製作を目指す彼らが今回紡いだのは、失った絆を再生する人々の姿。都会で孤独に生きる青年と、不思議な老婆との交流を見つめる。

あらすじ

区役所の区民課に勤める武田俊介(大垣知哉)は、若い男・吉村俊樹(日和佑貴)から付きまとわれているが、まったく関心を持っていない。男だけでなく、役所に届けられた捨て子を前にしても一片の同情も示さず、アパートの隣室に住んでいる人間さえ知らなかった。俊介は人とまったく関わりを持たず、“ひとりで生きる”人間だった。俊樹は俊介のそんな生き方に惹かれていたが、曖昧な二人の関係は、ある夜、隣室から漏れ聞こえてきた唄によって狂い始める。どこか寂しく物悲しいその唄は俊介の神経を逆なで、耐えきれず隣の369号室のドアを叩くと、老婆・セツ(阿部百合子)がひとり住んでいた。セツは俊介に「自分は400年の長きを生き、唄に惹かれる人間を待っていた。そして、その人間が現れたとき、自分はその人に添い遂げる」と告げる。孤独な魂を持つ人間の心にこの唄は響く、とセツは詰め寄るが、俊介は取り合わない。だが毎夜止むことなく聞こえてくる唄に、やがて俊樹の様子がおかしくなっていく。互いに踏み入れることなく成り立っていた二人の関係は微妙に揺れ始め、遂に俊介はセツの正体を探り始める。ところがどこを調べても、セツには住民票もなければ戸籍、納税記録など一切の公的記録がなかった。存在しないはずの人間、謎めいた唄をひとり唄い続けるセツは、本当に400年を生きる“メトシエラ(長寿族)”なのか……。行き場のない若者、誰も知らない捨て子、そして存在しないはずの老婆。大都会の隙間で生きる見えない人々との出会いが俊介のすべてを一転させ、やがて彼の中にかつてなかった感情が芽生え始める……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 JungleWalk
ヘッド館 ユーロスペース
上映時間 105
公開日 2011年1月29日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する