閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「天国からのエール」(2011)

画像

71点71
沖縄県本部町にある無料音楽スタジオ、あじさい音楽村。その設立者・仲宗根陽。弁当屋を営みながら、高校生たちのバンド活動を応援したい一心で店のガレージを改造してスタジオとして提供することにした彼の覚悟の半生を、阿部寛主演で映画化。仲宗根が実際に住んでいた本部町でロケ撮影し、余命を宣告されながらも夢を追いかけた男の生き様を綴る。

あらすじ

沖縄の田舎町・本部町で小さな弁当屋「あじさい弁当」を営む大城陽(阿部寛)は、弁当を買いに来る高校生たちが放課後にバンドの練習をする場所がないことを知り、弁当屋のガレージをスタジオにすることに。陽には、音楽が好きな彼らを支えてやりたいと思うある理由があった。借金までして手作りしたスタジオを無料で解放し、ことあるごとに本気で自分たちを叱ってくれる陽を、高校生たちはいつしか“ニイニイ”と呼んで慕うようになる。彼らは音楽以上に生きていくうえで大切なことを陽から学びながら、フェスティバルに向けて練習に熱中する。だが、そんなある日、陽が病に倒れてしまう……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
ヘッド館 新宿バルト9
上映時間 114
公開日 2011年10月1日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する